沿革

   沿革 History


カツデングループの沿革とカツデンソーラー株式会社の歩み

 

 

 

 

1958年/東京タワー竣工の年、坂田鐐司が「瑞江製作所」を創業。 

 カツデンビル

 

 カツデングループの沿革


1958年
(昭和33年)
6月
坂田鐐司が個人営業にて東京都江戸川区西瑞江に「瑞江(ミズエ)製作所」を創業。テレビアンテナの製造販売を開始。
1961年
(昭和36年)
9月
テレビの普及に伴い、テレビアンテナの需要も拡大したため法人化、資本金100万円で「株式会社瑞江(ミズエ)製作所(現商号:カツデン株式会社)」を設立。

1967年

(昭和42年)

4月

アルマイトの皮膜加工をしていた姉妹会社の「瑞江(ミズエ)化学工業株式会社」を吸収。

1967年

(昭和42年)

8月

社名を「瑞江活電(ミズエカツデン)株式会社(現商号:カツデン株式会社)」に変更。

1968年

(昭和43年)

4月

住宅関連産業へ進出。
「新日アンテナ株式会社(後のダイソオ株式会社)」の設立に参画。

1972年

(昭和47年)

10月

アンテナ事業部を拡充して、家電卸売りを開始。

1974年

(昭和49年)

5月 

東京都江戸川区東小松川に本社を移転し、商号を「カツデン株式会社』に変更。 

1982年

(昭和57年)

11月 

建材部門の自社製品、アルミ手すりユニットがBL部品(優良住宅部品)として建設省より大臣認定を受ける。

 1986年

(昭和61年)

10月

業務合理化のため、東京都江戸川区西瑞江に本社を移転。 

1991年

(平成3年)

9月 

「カツデン株式会社」の資本金3億1,200万円に増資。 

1993年

(平成5年)

4月 

 

「ダイソオ株式会社」を吸収合併。

 

2003年

(平成15年)

2月 

 建材事業部を「カツデンアーキテック株式会社」として分社化。

2008年

(平成20年)

4月 

 家電の卸売業の「東祥株式会社」を「カツデン株式会社」に吸収合併。

2015年

(平成27年)

8月

「カツデンアーキテック株式会社」が、ベトナムに現地法人
「KATZDEN ARCHITEC VIETNAM Co.,Ltd.」工場竣工・稼働開始。


 

 カツデンソーラー株式会社の歩み


2009年
(平成21年)
4月

太陽光発電システムの専門会社「カツデンソーラー株式会社」を設立し、京セラ太陽光発電システムを含む国内外主要メーカーの販売を開始。

2011年
(平成23年)
12月
蓄電池及び省エネ機器の取扱いを開始。

2013年
(平成25年)

12月

高性能節水ノズルの販売開始。

2014年

(平成26年)

10月

業務用省エネエアコン及び省エネ照明の販売開始。

2015年

(平成27年)

3月

無電極照明と電子ブレーカーの販売開始。

2016年

(平成28年)
 3月

屋根用遮熱シートと防水遮熱塗装の販売開始。 

2016年

(平成28年)
 12月

冷媒リアクターパイプの販売開始 

2017年

(平成29年)

6月 

新電力会社への切替サポート開始。 

2018年

(平成30年)

5月

エコポンプの販売開始。